2009年10月11日

シャツの襟の種類

スーツスタイルに欠かせないシャツですが、シャツの襟(カラー)には様々な種類があります。ここではそれぞれの襟(カラー)について簡単に紹介したいと思います。


レギュラーカラー:襟の開きが最も標準的な襟型

セミワイドカラー:襟の開きが100〜130度位の襟型

ワイドカラー:襟の開きが180度前後の襟型

カッタウェイカラー:襟の開きが180度以上の襟型。開きが180度のものはホリゾンタルカラーとも呼ばれる

ラウンドカラー:襟先が鋭角ではなく丸くラウンドしている襟型

ボタンダウンカラー:襟先のボタンホールを身頃のボタンに留めておさまりをよくした襟型

ピンホールカラー:襟にカラーピンを通して襟のおさまりをよくした襟型

タブカラー:スナップボタンの付いたタブが両襟に設けられており、タブを留めることで襟のおさまりをよくした襟型

クレリックカラー:色柄の入った身頃に対し襟とカフスのみ白地のデザインのもの


ネクタイとの関係ですが、襟の開きが広くなるほど結び目が大きくなるネクタイの結び方をします。
襟型に応じてバランスの良い結び方を選択しましょう。
タグ:シャツ
posted by o-gai at 16:29 | Comment(0) | スーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。