2009年10月04日

クラシックスーツの3タイプ

クラシックスーツ(昔ながらの、伝統的なスーツ)には出自の国によって3つのタイプに分かれます。それはイギリス、イタリア、アメリカの3つです。

・イギリス
ロンドンの中心部サヴィルロウにあるテーラーの注文服に起源を持つスタイルです。
特徴はやや角張ったショルダーと絞り込まれたウエスト。
シェイプドルックと呼ばれる体にフィットするシルエットは全てのスーツの基本となっています。

・イタリア
イギリスをベースとしてそこにフランス由来のエレガントさを加えたスタイルです。
特徴は肩幅を強調するような鋭角的なショルダーとお尻を包み込むようにシェイプされたウエスト。
イタリア人が誇る柔軟な表現力により日々進化を遂げているスタイルです。

・アメリカ
機能性の追求と大量生産というアメリカ的価値観が生んだスタイルです。
特徴は自然な曲線を描くショルダーと様々な体系でもフィットするように計算されたほとんど絞込みのないウエスト。
合理的な精神によって産まれたスタイルは注文服が基本だったスーツの世界を大きく変えました。

スーツの世界にも流行というものがありますが、そのほとんどがこれらのクラシックスーツをベースとしています。スーツを知るのであればまずこの基本から押さえておきましょう。
posted by o-gai at 09:31 | Comment(0) | スーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。