2009年09月30日

今月買った物

CA3C0526.jpg


ユニクロのストレッチコーデュロイスキニージーンズです。色はブラウンです。

この黄色っぽい茶色が気に入りました。また、ストレッチがかかっていて穿き易いのも気に入りました。

私は太ももが太いのでワンサイズ上のものを購入しましたが、最近涼しくなってからは毎日のように穿いています。
posted by o-gai at 23:20 | Comment(0) | 買った物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

今月のメンズノンノ

UNO FOG BARの4人が表紙のメンズノンノ10月号、巻頭特集は「オレたちカーディガンズ!!」

春秋に活躍するカーディガンの特集です。

定番の無地物「プレーン」、羽織るだけで印象を変える「柄」、素材やサイズのルーズな感じがいい「ゆる」、ユニクロやH&Mなどの安くてかっこよい「バリュー」の括りでそれぞれカーディガンが紹介されています。

続いて3段活用で検証!カーディガンの着回し力がスゴい。
一つのカーディガンをTシャツ・ポロシャツ・シャツの3つのインナー別着回し、ハンパ丈パンツ・ジーンズ・スラックスの3つのボトム別着回し、スポーツ・モード・アメカジの3つのテイスト別着回し、9月・10月・11月の3つの月別着回しと参考になりそうです。

次は必携!!基本のグレー&黒カーデ、着こなし見本帳。
黒とグレーのカーディガンがそれぞれ9着ずつブランド別に載っています。
インナーや小物で変化をつけているのでタイトル通り着こなしのお手本になりそうです。

最後は注目6タイプ別、ヒット確実カーディガン図鑑。
レタード、ダブルブレスト、バイカラー、ボーダー、ボリューム、民族調とタイプ別に4着ずつ紹介されています。
実に様々なタイプのカーディガンがあるのだなと、カーディガンを探そうとしている人にはヒントになるかもしれません。
posted by o-gai at 21:33 | Comment(0) | 今月のメンズノンノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

スーツの生地

スーツの生地には様々な素材と柄が存在します。簡単にですが紹介していきます。

・素材
「ウーレン」繊維長の短い羊毛を太く紡いだ糸で織られた毛織物の総称。表面が起毛していてツイードやフランネルが代表的。
「ウーステッド」繊維長の長い羊毛を細く紡いだ糸で織られた毛織物の総称。毛羽立ちが少なくさらりとした質感が特徴。
「コットン」木綿素材の生地。カジュアルスーツによく用いられる。
「シルク混」シルク(絹)を混紡した素材。光沢と滑らかな質感が特徴。
「リネン混」リネン(麻)を混紡した素材。清涼感のある質感で夏のスーツに用いられる。
「モヘア混」アンゴラ種の山羊毛であるモヘアを混紡した素材。軽量感とシャリ感、光沢が特徴。

・柄
「ピンストライプ」ピン=針で引いたような細いストライプ柄。極小のドットで表現されることもある。
「ペンシルストライプ」ペンシル=鉛筆で引いたような太さのストライプ柄。最もクラシックな柄の一つ。
「チョークストライプ」チョークで引いたような曖昧で太めのストライプ柄。最も正統的なクラシックスーツの柄。
「オルタネイトストライプ」太さや色の異なる線が互い違いになっているストライプ柄。
「ウィンドーペーン」ウィンドー=窓のような格子のチェック柄。大きさは様々で線が二重になるとダブルウィンドーペーンになる。
「グレンチェック」4種類の異なる柄を組み合わせた複雑なチェック柄。英国を代表する柄の一つ。
「ハウンドトゥース」猟犬の牙を思わせる織り柄の生地。日本では千鳥格子とも呼ばれる。英国を代表する柄の一つ。
「シャドーストライプ」織りによってストライプ柄を表現した生地。遠めには無地に見えるため合わせやすい。

生地によってはスーパー100'Sなどありますが、これは糸の細さを表し数値が大きいほど生地の肌理が細かくなります。
タグ:スーツ 生地
posted by o-gai at 16:11 | Comment(0) | スーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。